市町村合併問題
南郷町との合併/動き
松島町との合併/動き
大崎市の合併の動き
東北・北海道の合併
関東・甲信越の合併
東海・北陸の合併
近畿の合併
中国・四国の合併
九州・沖縄の合併
全国市町村合併規模
繋がりの弱い吸収型
公立高校学区制問題
仙台北学区南学区へ
仙台市古川市通学圏
北海道東北の学区制
関東甲信越の学区制
東海・北陸の学区制
近畿の学区制
中国・四国の学区制
九州・沖縄の学区制
鹿島台町の宅地化
朝1本の増発を
三陸道鹿島台I.C.
人口推移
通勤通学先
買い物先
更新履歴
宮城県鹿島台町の未来
トップページにもどる

松島町との合併

 鹿島台町付近では仙台、古川、石巻を核とする広域市が合併の最終形態になる
と予想され、その中での当面の合併目標を設定するとなると、仙台市の影響が大き
い自治体同士での合併しかありえません。南郷町との合併を経て仙台圏での合併
に加わるのが無理ならば、松島町・大郷町方面が合併候補となります。交通や人の
流れを考慮すると松島町との合併が最適です。
 (以下9行2004/5/5更新)仙台圏北部9市町村の研究会は2005年までの合併は困
難という結論に達し、2004年5月現在、松島町も含め枠組みが白紙の状態となって
いるため、2010年までの新合併特例法期間内の合併を目指して協議を始めるのは
難しいことではありません。人口は2町で3万人を超え市制施行も可能です。
 もし仙台圏北部9市町村が2010年までの合併を目指して再結集するならば、仙台
より北で仙台市の影響が大きい市町村の大半が集まっての合併論議ですから、残
る鹿島台町もこの話し合いに参加するのが順当です。仙台近郊の発展性がある地
域同士で、鹿島台・登米方面と利府・仙台方面を今より約3km短縮する道路の計画
(2004年5月の松島町広報に掲載)もあり、交流が多様に活発化するでしょう。

平成14年1月の
2町の人口  30892人
鹿島台町      14003人
松島町        16889人
鹿島台町からの通勤先
(平成12年国勢調査)
通勤通学計10人未満の市町
村はそのほかに含みます。
仙台市  1213人
仙台圏北部   831人
大崎法定協   543人
遠田法定協   540人
石巻圏   226人
加美郡   28人
そのほか
(県外含む)
  153人
町外計  3534人

 昭和30年から平成14年までの間に人口が増加したのは宮城県71市町村のうち
鹿島台町を含む19市町で、仙台市通勤圏のほかは地域中心となる気仙沼市・古
川市・石巻市と矢本町のみです。多くの町村では昭和30年頃をピークに人口減少
が続き、栗原・登米地区では平均30%以上減少しています。鹿島台町も仙台が近く
なければ人口1万人(26.6%減)未満の町になっていたでしょう。鹿島台町は仙台市
の存在ぬきには考えられません。
歴史的な見地でも、鹿島台を支配した者に大崎
氏がいたという過去より、松島町・大郷町との今に続く治水・干拓の歴史のほうが
遥かに大切です。
 
松島町にとっても、塩竈市・多賀城市に吸収される形の合併より、鹿島台町との
対等な合併は悪くないはずです。品井沼駅前のニュータウン開発(買物は主に鹿
島台へ)や東北本線の松島海岸駅停車(長期総合計画)、鹿島台バイパス開通に
よる飛躍的なアクセス改善、それに高校の学区緩和が続くと、両町の結びつきは
どんどん強まります。
2003年7月の震災により新築予定の鹿島台町役場を市役所
本庁舎
、松島町役場を分庁舎とし、市名は国際的知名度のある松島市とすれば、
両町民とも納得いく合併になるでしょう。更に仙台市や周辺市町村との合併で鹿島
台の将来人口3万人、松島2万人、計5万人の行政区になることがあっても、区役所
は身近なところに留まります。

 大郷町もほぼ全域で松島町か鹿島台町の中心部が大和町より近く、保育園は
鹿島台社会福祉協会に運営を委託しており、駅やICは松島町内が最寄りです。
どこか1町であれば大和町(及び大衡村)との合併となるでしょうが、鹿島台・松島
が合併となれば、こちらに大郷町が加わることも期待できます。



鹿島台町との共通性と想定される合併の規模(△は一部)
  行政区域 生活圏 事業 法定
協議

県の

市制
施行

広域
合併
全国
300市
 




鹿島


13.9
万人
10
19
3.1
4.1
22
28
32
147
鹿島台町

松島町                    
大郷町                      
塩釜付近                            

黒川3町村

                         
仙台〜山元                              
南郷町    

             
松山町 △     

       
小牛田町        

 

         
涌谷町                       
田尻町          

         
古川市          

       
三本木町        

       
加美郡4町                          
玉造郡2町              

         
栗原10町村                              
法務局、税務署、職安、保健福祉事務所、教育事務所などは[大崎]と同じ区域、
消防は広域では[大崎]と同じ、署単位では[警察]と同じ区域です。
ごみ処理は広域化の計画(現段階では鹿島台町は大崎・栗原ブロックの予定)。


 もし仙台圏の市町村との合併が難しいのなら、現在の鹿島台町のままがいいで
しょう。行政管轄に従うだけの、生活やベッドタウンとして発展という方向性を無視
した合併では将来に実を結びません(管轄でも古川と合併しない町が多いです)。
宮城県の人口密度などの条件下では、1人あたり歳出額は人口2万人で最小値に
近づきます。これから人口が増加する鹿島台町は合併せずとも存続は可能です。

 
順位 H11-4
人口

1人あたり
歳出額

 1.富谷町 34937  27.6万円
 2.矢本町 31753  29.1万円
26松島町 17324  40.8万円
33鹿島台町 14208  43.9万円
36大郷町 10094  46.0万円
48松山町  7176  53.5万円
54南郷町  7376  58.2万円
70七ヶ宿町  2115 138.7万円
71花山村  1669 150.0万円
宮城県71市町村  41.9万円


広域仙台圏北部の動き(リンク先は大和・松島町役場・県庁のHP内 http〜は記事)
2002年3月

塩竈・多賀城・宮城郡・黒川郡の議員の会合(以降の動きなし)。

2002年 宮城郡と黒川郡の研究(塩竈市・多賀城市を含まない)で、大同
合併は現実的でないとの結論。各町が合併を模索することに。
【2003年】
2月14日
多賀城市・塩竈市・宮城郡・黒川郡の首長による研究会を設立。
もしこの9市町村で合併すると約27万人となり、鹿島台町の参加
が将来の中核市移行を左右することになるのでは?
3/6 http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/miyagi/kikaku/037/6.htm
6月2日 第2回研究会(9市町村)。
12月 住民アンケートを実施予定。
http://jyoho.kahoku.co.jp/member/news/2003/11/20031113t11031.htm
集計結果(速報値)を公開。
【2004年】
2月広報
松島町利府町の広報2月号によると、特例法期限内の合併は
物理的に困難という結論(研究は継続)。

津山町・川崎町の動き(http〜は新聞等の記事)
【2003年】
2月21日
鹿島台町と同様に生活圏と行政圏のギャップがある津山町で住
民アンケート結果を公表。合併必要と答えた80.0%のうち、生活圏
に合う登米地区希望は73.8%(全体の約59%)、行政圏に合う本吉
地区希望は17.5%と4倍以上の差。石巻地区希望は7.1%。
http://www.sanriku-kahoku.com/ (ニュースファイル2/22)
2月24日 津山町は登米地区との合併推進に決定。4月に法定協加入。
http://www.sanriku-kahoku.com/ (ニュースファイル2/25)
3月3日

登米郡8町側も津山町を受け入れて9町で法定協設置の方針。

3月24日 登米地区9町全てで法定協設置を可決。
4月1日 津山町含む登米地区9町の法定協議会が発足。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030319-00000006-mai-l04
8月1日 志津川町と歌津町の法定協議会設立。津山町は不参加。
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/miyagi/news004.htm
9月12日 生活圏と行政圏が異なる川崎町は合併しない方針。
http://www.kahoku.co.jp/news/2003/09/20030913t11036.htm
【2005年】
4月1日
登米郡8町と本吉郡津山町による登米市が発足しました。
同様に広域圏境を越えて合併決定した枠組は全国に約50ヶ所。
10月1日 本吉郡2町(志津川町・歌津町)による南三陸町が発足しました。

主な県境越え合併の動き(やや古い内容です。山口村は越県合併済み。)
・岐阜県中津川市と長野県山口村  ・高知県東洋町と徳島県宍喰町など
・茨城県五霞町と埼玉県幸手市など  ・和歌山県新宮市と三重県紀宝町など
・広島県因島市と愛媛県弓削町など  ・長野県栄村と新潟県津南町
・愛媛県今治市と広島県関前村など  ・愛知県富山村と静岡県水窪町
・山口県岩国市周辺と広島県大竹市(将来の越境合併を見据え当面単独)
山口村五霞町では行政側も生活圏に合わせた越県合併に前向きで実現性
は高いです。これらに比べれば県内の広域圏越え合併に障害などありません。



→大崎市の合併の動き